健康保険・労災・交通事故取り扱い 鍼灸ができる整骨院 千歳烏山駅徒歩1分!

井上はり灸整骨院

コラム

症例

有痛性三角骨障害

足関節後方インピンジメント症候群、距骨後突起障害、距骨後部圧迫症候群と言われている痛みの一つ。

 

過剰骨と呼ばれる余分な骨の1つである三角骨が原因の痛み。

三角骨は外脛骨に次ぐ2番目に多い過剰骨(副骨)であり、5%~10%の人が産まれたときから三角骨があると言われている。

 

また、クラシックバレエ、ダンスやサッカー、空手などつま先立ちになったり、つま先立ちでさらに片足だけに体重を乗せたりするように負荷を連続して行うことにより、 距骨のうしろに突起している骨の先端が骨折(Shephard’s fracture)し、分離してしまう状態になり この分離した骨を三角骨ということもある。

通常は三角骨があっても痛みなどはなく、無症状であることが多い。

この三角骨や骨の突起が足の関節部分で挟まり、炎症をおこし、痛みが生じる。

 

■症状

足首の後ろが痛くて、つま先立ちがうまくできない。ボールをけったり、つま先立ちをする姿勢を長時間すると、つま先立ちになった時に痛む。

完全につま先が伸びきらない。

足関節後面に圧痛がある。

足関節底屈テスト(足関節を他動で底屈を加える)陽性

足関節後面の奥の方が痛いと感じる。

アキレス腱炎との鑑別が重要。

長母趾屈筋腱炎を併発することが多い。

 

■治療

テーピングで痛みの出る動きを制限する。手術で三角骨を除去する。

踵骨骨折

 

随時投稿していきます。

 

足根洞症候群

 

随時投稿していきます。

 

アキレス腱炎・アキレス腱周囲炎

X線検査でははっきりと診断がつかないことも多い。

MRIをとると腱がふくらんでいるのがよくわかり、変性の程度などの詳細な診断が可能。また、超音波検査も簡便で有効な方法である。

 

アキレス腱炎

アキレス腱炎は使いすぎによるオーバーユース症候群のひとつで、スポーツ障害としては頻度の高い。繰り返しのストレスによりアキレス腱に微細な部分断裂や瘢痕化が生じており、腱の変性が認められる。

 

■症状

かかとへの付着部から上方2〜6cm部分のアキレス腱が腫脹し、押さえると痛みが増強する。運動したあとや朝起きた時の歩き始めに痛みが強く、症状が進行すれば安静にしていても痛いことがある。足関節を背屈することで疼痛が増強する。

 

アキレス腱周囲炎

アキレス腱はパラテノンという薄い膜でおおわれているが、この部分に炎症を生じた場合をアキレス腱周囲炎という。 アキレス腱全体が腫れてしまった場合を「アキレス腱周囲炎」ということもある。

 

■症状

進行すれば足関節の動きが悪くなり、足関節を動かすとアキレス腱にきしむような摩擦音が聞こえることがある。

 

■治療

 保存治療が原則で、痛みが強い時には運動を控えて局所を安静に保つ。湿布や一時的な消炎鎮痛薬の内服も有効。
少しヒールのある靴を履いてかかとを上げると、アキレス腱の緊張が軽減され疼痛が改善する。また、扁平足などの足部変形がある場合には、足底挿板を処方することによりアキレス腱への負荷が軽くなる。
スポーツ選手への局所注射は、腱の変性や断裂を生じる場合があり、慎重を要す。慢性期で再発を繰り返す場合には、手術的にアキレス腱を再建する方法があるが、適応になるのはごくまれ。
症状の改善が認められれば徐々にスポーツを始め、運動前のストレッチングや運動後のアイシングを励行するようにする。

保存治療が原則で、痛みが強い時には運動を控えて局所を安静に保つ。湿布や一時的な消炎鎮痛薬の内服も有効。
少しヒールのある靴を履いてかかとを上げると、アキレス腱の緊張が軽減され疼痛が改善する。また、扁平足などの足部変形がある場合には、足底挿板を処方することによりアキレス腱への負荷が軽くなる。
スポーツ選手への局所注射は、腱の変性や断裂を生じる場合があり、慎重を要する。慢性期で再発を繰り返す場合には、手術的にアキレス腱を再建する方法がありますが、適応になるのはごくまれ。
症状の改善が認められれば徐々にスポーツを始め、運動前のストレッチングや運動後のアイシングを励行するようにする。

大腿骨頚部骨折

骨粗鬆症の高齢者に多く、特に女性に多い。女性は男性より約3倍多いと言われている。骨折の95%は転倒により起こる。

高齢者の骨折のなかでは最も頻度の高いものである。

内側型と外側型と二種類あり、内側骨折・外側骨折に関わらず、頚体角の増減によって、内転型と外転型を分けられる。

 

■症状

股関節部に強い痛み、腫張、歩行不能。痴呆症状のある方や咬合骨折や不完全骨折の場合は歩けることもある。

 

膝関節伸展位での下肢拳上が不可能になる。典型的に下肢(足)は、外旋位をとり、大転子の上方転位によって患肢の短縮を認める。大転子部の叩打痛。股関節部に異常音がすることもある。

 

アンピルテスト陽性

 

 

●大腿骨頚部内側骨折

内側骨折の場合、関節包内骨折のため腫脹が著名ではない。内出血が少ない。

 

少し足を捻ったぐらいでも発生する。骨癒合がしにくく、偽関節や大腿骨頭壊死を起こしやすい。

 

理由は

  1. 骨頭の血流は、主に大腿骨頭部から入ってくるために、骨折により血管が損傷され骨頭側の血流が阻害されてしまう。
  2. 関節包内の骨折で骨折部に骨膜が存在せず、骨膜性化骨を形成できないため。
  3. 骨折線の方向により骨折部に対して剪刀力が働く。
  4. 高齢者に多発する骨折のため骨形成能が落ちている。

 

ガーデンの分類

  • STAGE1:不全骨折(楔合外転型骨折も含む)保存療法可能。
  • STAGE2:完全骨折で転移のないもの。保存療法可能。
  • STAGE3:完全骨折で部分的転移(経度の転移)を伴う。
    骨接合術または、人工骨頭置換術。
  • STAGE4:完全骨折で完全転移(高度の転移)を伴う。 人工骨頭置換術。

 

●大腿骨頚部外側骨折

明らかな転倒、転落で発生する。内出血が多くみられる。痛み、腫脹が著名。

関節包外の骨折なので血流がよく、骨癒合しやすい。

 

  • エバンス分類
    安定型と不安定型とに分類。
  • 内転型骨折
    頚部内側骨折のほとんどが内転型骨折である。
    頚体角減少=大転子高位=下肢の短縮。内反股になる。
  • 外転型骨折
    頚部内側骨折の外転型骨折は比較的少なく、噛合している場合がほとんどである。噛合している場合、骨性癒合を望めるので、オペしなくてもよい。
    頚体角増大=大転子低位=下肢の延長。外反股になる。

 

●合併症

  • 大腿骨骨頭壊死
  • 偽関節
  • 遷延治癒
  • 沈下性肺炎
  • 老人性痴呆
  • 褥瘡
  • 静脈血栓塞栓症

 

■治療

  • できるだけ早期に歩行できるようにすることが重要。
  • ひびだけの場合や他の病気で体の状態が悪く手術が不可能な場合を除いて、ほとんどの場合は手術による固定が必要。

単純性股関節炎

子供の股関節痛をきたす疾患で多く見られる。4~12歳ぐらい(6・7歳がピーク)の男の子にやや多く見られる。

 

■症状

最初は膝を痛がったり、大腿を痛がることもあるが、急に片方の股関節が痛くなり、歩行時に跛行(足を引きずる)がみられる。

股関節に運動制限がみられ、股関節を広げた、ガニマタの形になり、動かすと痛がる。軽く曲げた姿勢が楽。

 

パトリックテスト陽性  スカルパ三角部に圧痛がある。

レントゲンでの異常はない。

超音波画像では関節に水が溜まっていることが確認できる。

熱はなく、あっても微熱程度。

 

■原因

急怪我などの外傷がなく、原因は不明。風邪を引いた後に発症しやすいことから、自然な免疫反応ではないかといわれている。

 

■治療

安静が基本。予後は良好。1週間から2週間ぐらいで自然に痛みが消失する。「化膿性股関節炎」や「ペルテス病」と鑑別をする必要がある。

歩行不能、軽度の運動で痛みある際には重症と考え入院させて牽引し絶対安静とすることもある。

股関節臼蓋形成不全

臼蓋の形状が不完全なため、股関節痛を起こす。 臼蓋が低形成であると、体重の3倍の負荷を受けなければならないので軟骨が傷みやすい。大腿骨頭と臼蓋がうまく噛み合わず摩擦が生じ、軟骨に負担を掛けることで関節を消耗し、これにより股関節に炎症が起き、鈍痛や激痛を伴う。

大腿骨頭が臼蓋のなかに完全に納まりきれず、少し外側にはみ出している状態となっており、大腿骨が外れてしまわぬよう、内側に集めようとする力が働き、内転筋を常に緊張させている状態を作り出している。

30歳~40歳の女性に好発する。

 

いちど擦り減ってしまった軟骨は再生することはなく、症状の進行とともに股関節痛は次第に強まり、やがて歩行障害に至る。臼蓋形成不全から変形性股関節症へと進展する。変形性股関節症の原因の80%を占めるといわれている。

 

症状の程度を判断する基準であるシャープ角は40度(正常値33~38度)以上でCEは、25度(正常値30度以上)以下で臼蓋形成不全と診断される。

 

■症状

股関節だけでなく膝、大腿、腰などに痛みがおよぶこともある。股関節の稼働域の低下に伴う関節および筋肉の拘縮。 歩行時や運動時痛。 進行期、末期では安静時にも痛みが出て睡眠に支障を来すことや、関節を動かすと音が鳴ったりする。 また、脚の長さが短くなり、跛行を呈する。

 

■原因

先天的に股関節の形成が不全している場合が多く、遺伝的要因が強いとされている。

先天的な要因の原因に、逆子であるとも言われる。逆子の状態であると、足を動かすスペースが制限されてしまい、股関節がずれる。 若い時期には自覚症状がそれほど現れず、ある程度の年齢に達してから痛み始める場合が多いため加齢に伴う筋力および柔軟性の衰え、身体の抵抗力・再生能力の低下などが要因とされている。

 

また、おむつの形にも原因があるともいわれてる。今のような股を広げて当てるおむつと違って、真っ直ぐな布で足を伸ばしてあてていた時代があり。股関節は生後4カ月くらいまでにできあがるので、ももの外側から常に押し付けられている状態でいると、股関節の角度が浅くなってしまう。日本のある年齢以上の人たちに、この股関節の形成不全が多いといわれているのは、こういう背景があるからではないかと言われている。今のようなおむつが主流を占めるようになって、股関節の形成不全は激減している。従って今後は、高齢者の「変形性股関節症」は減ってくるのではと言われている。

 

■予防

・正座・あぐらなど股関節に負担のかかる座り方をせずに椅子の方が良い。

・椅子に座る際、脚を組む姿勢は股関節に負担が掛かるので、良くない。

・立ったり座ったりを頻繁に繰り返したり、長時間立ちっ放しを避ける。

・長時間歩き廻ったり、重たい荷物を持ったりすることを避ける。

・ヒールの高い靴を履かない。外出の際は杖を使う。

・体重を増やさない。股関節にかかる負担を軽くする。

・入浴などの温熱療法 患部を温め血流をよくすることで痛みを緩和する。

・水中ウォークやウォーキングで筋肉を鍛える。

疲労骨折

 

随時投稿していきます。