健康保険・労災・交通事故取り扱い 鍼灸ができる整骨院 千歳烏山駅徒歩1分!

井上はり灸整骨院

コラム

症例

顔面神経麻痺

顔面神経に支配されている片側の顔面筋が麻痺して動かなくなる状態。

男女差、年齢に関係なく、急性あるいは亜急性に発症する。

三叉神経痛と混同されることがあるが、痛みは伴わない。

 

中枢性か末梢性かを判断することが重要。

・中枢性顔面神経麻痺 脳腫瘍、脳梗塞等の合併症             顔面神経麻痺の5%

・末梢性顔面神経麻痺 ベル麻痺、ラムゼイハント症候群等         ほとんどの顔面神経麻痺

●ベル麻痺

60%~70%の顔面神経麻痺

完全回復86%、不全回復14%と言われている。

予後は良好で、発症してすぐに治療を開始すれば数ヶ月の間に90%以上治癒する。

■症状

1、  額にシワが寄せられない。中枢性はシワ寄せができる。

2、  目を閉じられない。涙の分泌も低下して目を涙で潤せないので、                  ドライアイになる。

3、  口角が下がる。口角を外側に広げイーと言えない。

4、  口をとがらせて口笛がふけない。

5、  麻痺側の鼻唇溝が浅くなる。

6、  唾液の量が減る。

7、  麻痺側の耳が過敏になり、音が大きく響く。

8、  舌前方3分の2の味覚が障害される。

 

後遺症

・病的共同運動 (ある部分を動かそうとすると別の部分が一緒に動く)

・顔のこわばり

・ワニの涙 (食事の際に涙がでてくる)

・顔面のけいれん

 

■原因

原因は不明。

単純ヘルペスウィルス

寒冷暴露等によって顔面神経管で顔面神経が

腫れ、圧迫があると麻痺が起こると考えられている。

 

 

●ラムゼイハント症候群

10%~15%の顔面神経麻痺  完治率は60% ベル麻痺に比べて麻痺の程度が重症で後遺症も残りやすい。

 

■症状

麻痺の症状の前に片方の外耳道、耳介、口腔内に帯状疱疹ができることが

ある。耳鳴り、難聴、眩暈が合併していることがある。他、ベル麻痺と同じ症状。

 

■原因

水痘帯状疱疹ウィルス

 

 

 

■治療

早期治療の開始が重要。発症して2週間を過ぎると手遅れ。

副腎皮質ステロイド、ビタミンB12、抗ヘルペスウィルス薬等の投与。

顔面を冷やさない。血流を良くするために温める。

麻痺した筋肉をゆっくりとマッサージ。

(病的共同運動の発生するリスクを避けるため、発症後4か月以内はやらない。)

麻痺した筋肉を意識的に動かす。(バイオフィールドバック)

早期にはあまり強くやりすぎない。

低周波刺激のリハビリは後遺症(病的共同運動)が起こりやすくなると

言われている。

片頭痛

 

随時投稿していきます。

 

群発性頭痛

 

随時投稿していきます。

 

三叉神経痛

 

随時投稿していきます。

 

メニエール病

 

随時投稿していきます。

 

突発性難聴

 

随時投稿していきます。

 

顔面神経痛

 

随時投稿していきます。

 

後頭神経痛

 

随時投稿していきます。