健康保険・労災・交通事故取り扱い 鍼灸ができる整骨院 千歳烏山駅徒歩1分!

井上はり灸整骨院

コラム

外果 水腫

膝蓋上嚢水腫

ベーカー嚢腫

ベーカー嚢腫

 

滑液包炎

ガングリオン(結節腫)

■症状

ガングリオンは良性の腫瘍であり、関節包や腱鞘の変性により起こる。中にゼリー状の物質の詰まった腫瘤で、典型的なものは手関節背側に生じやすい。他にも靭帯や腱鞘、神経内、半月板のほか骨内にも発生し、ほぼ全身にできる。

 

通常は無症状なことが多いが、軽度の圧痛や疼痛を伴うこともあり、神経の側にできると、神経を圧迫し、痺れや痛み、運動麻痺を伴う。神経を圧迫している場合は、腫脹部を押すと圧痛、痺れが出現する。使いすぎで腫瘤が大きくなることがある。硬さは、硬いものからやわらかいものまでさまざまである。

若い女性に多く、男性の約三倍も発生率が高く、再発しやすい。

 

■原因

原因は不明であるが、関節包、靭帯周辺の滑膜細胞、線維芽細胞などが繰り返し刺激を受けた結果、粘液を産生し小嚢胞を形成、さらにそれらが集合してできるという説もある。

したがって、この袋のガングリオンは関節や腱鞘につながっており、関節や腱鞘から送り込まれた関節液や滑液が濃縮され、ゼリー状となって腫瘤の袋の中に詰まっていると考えられている。大きさは米粒の小さいものから、ピンポン玉くらいの大きさのものもある。

また、ガングリオンは皮膚のすぐ下にできることが多いが、まれに、身体の奥のほうにガングリオンができ、一見姿が見えないガングリオンをオカルトガングリオンと言う。レントゲンには写らず、診断はエコーが有用であり、穿刺して内容物を確認し、ゼリー状であればガングリオンと確定する。

 

■治療

ほとんどが、保存的療法で改善する。代表的な治療は、穿刺治療と除去手術と呼ばれる方法がある。保存的療法としては、ガングリオンに注射針を刺して、注射器で内容物を排出する。

また、ガングリオンに力を加えて押しつぶす治療法もあるが、自分で押しつぶしたり対処すると、激痛をともなったり、骨や神経に悪影響を及ぼす恐れがあるため、無理に潰すことは避ける。

それでも繰り返し内容物が溜まるような場合はガングリオン自体を摘出する除去手術を行うが、手術を行っても再発する場合もある。