健康保険・労災・交通事故取り扱い 鍼灸ができる整骨院 千歳烏山駅徒歩1分!

井上はり灸整骨院

コラム

症例

石灰沈着性腱板炎

■症状

夜間の突然の激痛から始まり、肩の関節拘縮に移行することが多い。

レントゲン又は超音波画像で、石灰を確認することができる。

石灰は、殆ど白血球の貪食作用によって自然に吸収され、無くなる。

40代~50代の女性に多い。

 

■原因

腱板(棘上筋、棘下筋)などに石灰(リン酸カルシウム結晶)が沈着して炎症を起こす。

この石灰は、最初はミルク状で次第に硬くなり、膨らんで腱板から滑液包内に破れ出ると激痛を伴う。

なぜ石灰が沈着するかは不明。

肩関節周囲炎(五十肩)(四十肩)

40代から50代の中高年に多い。男女差はない。

病態が明らかな肩関節疾患、外傷や神経・筋疾患などを除外して自動、他動

共に可動域制限を主徴とした肩の痛みの症候群。

痛みを堪えれば腕が上がる状態は、五十肩とは言わない。

 

■症状

夜間痛。

あらゆる方向で可動域制限(特に結帯動作、結髪動作で痛む)

肩甲上腕リズムの乱れ。 腕まで放散痛あり。

左右の肩に同時に発症することは少なく、ほとんどはどちらか一方の肩に

起こる。しかし、左右が時期をずらして発症するケースもよくある。

 

■原因

原因は不明。

使い過ぎや老化によって、肩関節周囲に肩峰下滑液包、腱板、関節包に炎症を起こす。また、関節包が癒着し、肩関節の動きが悪くなる。         (関節拘縮、又は凍結肩)

一説には、肩関節の癒着は疲労物質の蓄積が原因とされ、そのピークが50歳代に多い。20歳代や30歳代は疲労物質が蓄積されにくく、70歳代・80歳代は疲労物質の蓄積が減少するので、50歳前後に多いと言われている。

単純X線で異常が認められず、造影では関節包下部の縮小が認められる。

早くて3ヶ月、大部分は長くて1年位で治癒。時間はかかるが自然治癒する。

 

■分類

・急性期(2週~2ヶ月)

炎症が起こったばかりで激しく痛み運動制限がある状態。自発痛あり

対処法:安静

 

・慢性期(2ヶ月~4ヶ月)

炎症がおさまり、無理に動かすと痛む状態

対処法:アイロン体操=コットマン体操、壁押し体操、患部を温める

 

・回復期(4ヶ月~6ヶ月)

痛みはないが、腕を十分に動かせない状態

対処法:棒体操

 

■治療

  • 慢性期以降は患部を温め適度な運動療法を行う。
  • 少し痛みを感じる程度の運動。無理に動かすと炎症がひどくなる。
  • 痛みをまったく感じない運動はあまり効果は望めないが、だからといって無理をするとかえって悪化したり、腱に弾力がなくなっているために断裂したりするので、少し痛い程度でとどめ、同じ運動を回数繰り返して行う。

腱板損傷

 

随時投稿していきます。

 

インピンジメント症候群

 

随時投稿していきます。

 

上腕骨骨端線離開(リトルリーグ肩)

 

随時投稿していきます。

 

上腕二頭筋腱炎

 

随時投稿していきます。

 

肩関節脱臼

 

随時投稿していきます。

 

肩峰下滑液包炎

 

随時投稿していきます。