健康保険・労災・交通事故取り扱い 鍼灸ができる整骨院 千歳烏山駅徒歩1分!

井上はり灸整骨院

コラム

健康

湿布についてQ&A

Q 湿布は貼っても大丈夫ですか?
 
A 貼って頂いても大丈夫です。湿布自体に患部を治す効果はありませんが、痛みに対して別の刺激を与えることによって痛みを緩和する効果があります。
 
 
Q 湿布はどのようなタイミングで使用するのが良いですか?
 
A お風呂上がりがいいと言われています。皮膚の汚れや油分が洗い流された状態なので湿布がしっかりと吸着しやすいですし、かぶれも起こりにくくなります。また、体が温まり、血行が促進されている状態の方が湿布の効果が高いとされています。ただし、貼る部分の水分はしっかり拭いて乾いてから貼ってください。汗をかいている場合は少し時間をあけて落ち着いてからが良いでしょう。

 
 
Q 貼るときに冷湿布か温湿布か、どちらが効きますか?
 
A 実は、湿布自体には加熱効果も冷却効果もなく、どちらの湿布も効果としては鎮痛作用と、抗炎症作用で、同じ効果なのです。
 
冷湿布にはメントールが、温湿布にはカプサイシンが含まれており、それらによって患部が刺激され、貼ると清涼感や温かさを感じるようになってます。温湿布と冷湿布の違いは貼った時の感覚の違いです。
 
 
Q 湿布はどれくらいの時間まで貼ってもいいですか?
 
A 4~5時間を目安にしていただくと良いです。薬剤の血中濃度が最も高くなるのは貼って4時間ぐらいでその後、緩やかに効果は低下していきます。長時間貼ってもあまり意味はなく、むしろ、かぶれるなどの原因になるので、長時間貼ることはお勧めしません。
 
 
*湿布の注意点
 
湿布の副作用で最もよくあるのはかぶれです。湿布の形どおりに赤く腫れてかゆみがでたりすることもあります。かゆみがでたらすぐに使用を中止してください。温湿布の方がかぶれやすい傾向にあります。
 
粘膜や傷口、湿疹などのあるところには貼らないで下さい。
汗や水をふきとってから使用してください。
 
貼っている部位を日光に当てないことです。
テープ剤の多くには「光線過敏症」と言う副作用があり、日光に当たると赤くただれて、跡が残ってしまいます。
 
モーラス、ロキソニン、ボルタレンが入っている湿布は、妊娠されている方、授乳中の方、小児、喘息のある方には貼らないほうが良いです。
多くの解熱鎮痛剤に含まれる成分は、お腹の赤ちゃんの大切な動脈管を狭くする可能性や赤ちゃんの腎臓に負担がかかり羊水量が減ってしまう可能性があるとされています。
アセトアミノフェンという成分の入ったカロナールやピリナジンであれば安全と言われています。

鍼灸、マッサージの刺激について

鍼灸、マッサージの刺激は、強いから効くわけでもなく、弱いから効かないというわけでもありません。
ですから、強いマッサージや鍼灸をガマンして受ける必要はありません。
 
鍼灸やマッサージは身体の緊張を緩める目的で行いますが、
熱さや痛みをがまんして受けているとかえって筋肉を緊張させてしまい、身体を緩ませることが難しくなります。
また、強いマッサージは筋肉の損傷や骨折を引き起こしたり、もみ返しを起こす可能性もありますので危険を伴います。
 
マッサージや鍼灸は心地よく感じる程度が良いとされています。
あまり、刺激を感じていないからといって効果がない訳ではありません。
 
 
適切な刺激は、人によっても、その時の状態によっても異なります。
マッサージの場合ですと
若くてしっかりした体型の方ですと、少し強めの刺激でも大丈夫ですが、
年配の方できゃしゃな体型の方や小児には強い刺激はお勧めできません。
また、急性炎症(腫れが強い、押した時の痛みが強い、熱感がある)の症状がある所には弱めの刺激の方が、良いとされています。
 
患者様のご希望もお伺いしながらも、適切な刺激で治療させていただいております。

運動の目安

痛みがある時に安静にしていた方が良いのか、動かした方が良いのかは炎症のレベルによって違ってきます。
つまり、その動作をして痛みがあるかで判断します。
 
1、動かしていなくても痛みが強い場合
  少し力を入れただけでも痛みが強い場合 
  炎症が強い状態ですので、安静にして動かさない方が良いです。
 

2、特定の動きで痛みがでる場合
  痛みのある動作はなるべく避けてください。
  痛みとは患部にある炎症反応が起こしている痛み刺激によるものです。
  痛みのある中で動かしてしまうと炎症をより強めてしまうことが    
  あり、さらに痛みを誘発させる可能性があります。
 

3、特定の動きで痛みがある状態がしばらく続いた場合
  あまり、安静にしすぎるのも良くないので、痛みのない動きであ  
  れば動かしてみてください。
 

4、痛みのない場合 
  炎症はあまり確認できない状態ですので、あえて動かした方が良   
  いです。
  関節でしたら同じ方向だけではなく動かせる程度であらゆる方向   
  に動かすのが良いです。
  患部の血流改善させることを目的に行います。
 
  血流を良くすることによって患部の治癒を早めます。
  ご自身の体力にもよりますが、運動しすぎたり、同じ動作を
  極端に繰り返し行うと痛みがでることがありますので注意が
  必要です。

推薦文をいただきました。

井上はり灸整骨院・院長の井上先生とは治療法を学ぶ勉強会で、よくご一緒させていただいております。

大変勉強熱心な先生で、休日があれば、治療技術や知識を常に深めるために、様々な勉強会に飛び回っていらっしゃいます。
現代医学から東洋医学まで、本当に幅広い知識をお持ちの先生で、その技術をスタッフさんが同じように使いこなせるよう、技術の伝達にも非常に熱心です。
そのため井上はり灸整骨院のスタッフさんの施術技術も非常に高いものがあります。
また施術だけでなく、どうやったら患者さん自身が心から快適に過ごしていただけるかを考え抜き、患者さんのためにどうしたら、安心できる空間をつくることができるか?このようなことにも常に考えを巡らせていらっしゃいます。本当に患者さん想いの先生です。
千歳烏山近郊にお住まいの方であれば、自信を持って井上はり灸整骨院の施術をおすすめいたします。
どうぞ安心して、井上はり灸整骨院に身を委ねてみてください。
                                                                                                                              めぐみ整骨院 松川秀夫

 

スッキリ目覚める方法 

朝、目覚めが悪く、なかなか起きれないことはないですか?

特に、寒い冬の朝は起きるのが大変ですよね。

 

すっきり目覚める方法をネットで調べてみると、

布団を跳ねのける。カーテンを開け日光を浴びる。ストレッチをする。

熱めのシャワーを浴びる。音楽をかける。  など書いてありますが、

眠たい時は体を起こすことも、指を少し動かすことでさえも大変で

これらの方法を実践することができない方が多いのではないでしょか。

 

 

確かに身体を動かすと脳が活性化され目が覚めてきます。

ただ、眠たい時に身体を動かすことが難しい。

 

そこで、一番、身体の中で簡単に動かせるところはどこだと思いますか?

 

それは、『目』です。

いやいや目を開けるのが、ツラいんだけど・・・と思われるかもしれませんが

目は開けなくていいんです。

 

スッキリ目覚められる簡単な方法は

目を閉じたままで、眼球を動かすことです。

 

眼球には、6つの小さな筋肉

(上直筋、下直筋、内側直筋、外側直筋、上斜筋、下斜筋)が付いていて、

あらゆる方向に細かく少しの力で眼球を動かせるようになっています。

 

ALS(筋萎縮性側索硬化症)の患者さんは手や足の筋肉が動かなくなり、

更には発音、呼吸に関係する筋肉も麻痺するため

言語障害、呼吸困難となります。

しかし、眼の動きは障害されにくいとされてます。

それだけ、眼の動きは少しのパワーでも動いてくれるのです。

目を閉じた状態でも眼球を動かしていると、だんだん脳に刺激が伝わり、

脳が活性化され目が覚めてくるでしょう。

 

東洋医学的にみても、目につながる経絡は、

足太陽経、足陽明経、足少陽経、手少陽経など

陽経の経絡がたくさんあります。

 

つまり、目は陽気の集まる場所です。

人の体は陽の気と陰の気が巡ることで構成されています。

陽の気は主に日中の活動している時に活発に人体を巡っています。

 

夜、就寝している時は人体には主に陰気が巡っていますが、

朝、目覚めて目を開けた瞬間に体中に陽気が巡り、

身体が動くようにできています。

 

目覚めが悪いのは陰気と陽気の入れ替えが上手くできない状態です。

目を開けるのがつらくても

目を閉じたままで眼球を動かしているだけで、

陽の気が徐々に身体に流れていくようになります。

陽の気が身体を巡るようになると身体が動くようになります。

 

 

目覚めの悪い方にとって簡単に目が覚める方法ですので、

是非、試してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院のおもてなしの心9-15

その9 本

当院の待合室には多数の本をご用意しております。簡単にわかりやすく体や健康について触れて頂ける本を中心に、お子様向けの本や趣味の本も幅広く置いてあります。

週刊誌やマンガ類はあえて置いておりません。当院へのご来院を機に少しでも知的好奇心を持って、新たな知識を広げて頂きたいと考えております。

ご興味のある方は是非ご覧ください。

 

 

 

 

その10 おもちゃ

シンプルで楽しいおもちゃがいっぱい。

様々な物がデジタル化され、昔懐かしい遊びをすることが少なくなった現代のお子様たちに触れて頂けるように、木のぬくもりたっぷりのおもちゃや、今は珍しいレトロなおもちゃを多数揃えています。

ご家族の方はお子様連れでご来院し、安心して治療を受けて頂けます。

 

 

 

 

その11 治療着

当院では治療着(上・下)の無料貸し出しを行っており、お仕事帰りやお出掛け帰りでも服装を気にすることなく治療を受けて頂けます。

当院のロゴマークの入ったオリジナルの短パンもご用意しております。

サイズはS~3XLまで幅広くご用意しておりますので、貸し出しをご希望される方はスタッフにお申し付け下さい。

 

 

 

 

その12 傘の貸し出し

近年の異常気象やゲリラ豪雨…いつ雨が降ってくるかわかりませんよね?

当院では傘の無料貸し出しを行っております。

万が一施術中に雨が降ってきてしまっても、安心してお帰り頂けます。

 

 

 

 

その13 冷蔵庫でのお預かり

お買物帰りでも気兼ねなく、いつでもご来院頂けるように、当院では冷凍品や冷蔵品の一時お預かりを承っております。

 

 

 

 

その14 靴クリップ

靴の取違い予防のために、靴用のクリップを下駄箱に用意しております。

番号札のついたクリップで靴をとめ、もう1枚の番号札は患者様ご自身でお持ち頂きます。使い方はとっても簡単なので、いつでもご自由にご活用下さい。

 

 

 

 

 

その15 靴べら

当院の靴べらの長さは、普通のサイズの約2倍です。これは腰が痛い方や、かがむのが難しい方にも無理なく使って頂けるようにとの気持ちで設置しております。

長めの靴べらを軽いタイプと頑丈でしっかりしたタイプの2種類の靴べらをご用意しております。

お好きな靴べらをお選びください。

 

当院のおもてなしの心5-8

その5 黄色

当院はイメージカラーを落ち着きのある黄色で統一しています。黄色は、五行論の土にあたる色で、当院の黄色は、土の働きを意識しています。

東洋医学に五行の『木火土金水』という言葉がありますが、これは世の中にあるものの性質や形態すべてがこの5つに分類できるという考え方を表しています。

五行の中の土は水を蓄え、植物が根をはり、踏ん張ることができるように支えとなり、森羅万象すべてのベースとなる存在です。世の中のものは土から生まれ、その上で育ち、そして最後に土に還っていきます。

土は『場』を表しており、すべての物は、この『場』によって作らているとされます。すべての物は、必ず、どこかの場に属し、場の影響を受けています。

 

当院が治療の『場』であり安らぎの『場』であるように、さらには人々のなくてはならない『場』の存在でありたいと願い、黄色をイメージカラーにしました。

 

また冬至にはかぼちゃを食べますね。これは黄色が陽の象徴なので、寒い冬(陰)に備えて陽のパワーを取り入れようという考えからできた習慣です。そんな陽のパワーをささやかではありますが、感じて頂けたらありがたく思います。

 

 

 

 

 

その6 ロゴマーク

当院のロゴマークは、固定化されない当院の考え方を表しており、人によって見え方が異なる十人十色なロゴマークです。

例えば『inoue』の『i』だったり、人の体に見えたり、目の瞳に見えたり… 一見なんだか良く分からないロゴマークではありますが、色々な角度から見ることで違ったものに見えてきます。

 

東洋的な考えは、形に囚われない自由な発想が特徴です。当院も物事を固定化せず、水のように自由にとらえることを大切にしています。治療においてもさまざまな可能性を考慮し患者様の想いに少しでも近づけるように多角的に診ることに意識をおいています。

さて、あなたは何に見えますか…?

 

 

 

 

その7 受付カウンターのデザイン

当院の受付カウンターは、開業時に院長が試行錯誤を重ね、こだわりを持ってオーダーしたものです。

診察券をお預かりするカウンター、物販棚、スリッパ入れ、傘立て、下駄箱、そしてスタッフが事務作業などをするデスクまでもが一体となった世界に1つだけの受付カウンターです。

 

通常の整骨院の受付カウンターと比べるとかなり大きな受付カウンターとなっております。間接照明も付いていておしゃれになってます。

 

 

 

 

 

その8 目安箱

当院では待合室に目安箱を設置しています。ご意見・ご要望など、どんなに細かいことでも書いて頂けるとありがたいです。ご批判やご指摘も遠慮なくお伝えいただければと考えております。

みなさまのご希望に少しでも沿えるような治療院を目指しております。

 

過去の具体的なご意見

・老眼なので待合室の本を見るための拡大鏡を置いてほしい。

→ 大きなルーペを購入し、待合室の本棚に置くようにいたしました。

 

・治療後に身だしなみが気になるので鏡を付けてほしい。

→ 各ベッドの壁に小さな鏡を掛けるようにしました。

 

・いつも同じ先生に治療してもらいたい。

→ 申し訳ありません。できるだけ、ご希望に沿うようこちらで調整はさせていただきます。

お気軽に治療を受けていただきたいために予約をとっておりません。

そのため、あえて担当制にはしておりませんので、必ずしも毎回必ず同じ先生に施術を受けることは難しい状況ではありますので、ご了承ください。

どの先生でも同じレベルの治療が提供できるよう日々、訓練しておりますので、ご理解のほどよろしくお願いします。

 

もちろん直接伝えて頂いても結構ですので、何かございましたら遠慮なくスタッフまでお申し付け下さい。

 

当院のおもてなしの心1-4

その1 サウンドシステム

日々忙しく過ごされている皆様に少しでもリラックスして頂けるように、鳥のさえずりや自然の音をモチーフにしたCDを流しております。

院内にあるスピーカーの数はなんと7個!

2種類のCDから安らぎの音を出し、各所にスピーカーを設置することで、目をつぶるとまるで大自然の中にいるかのような空間を演出しています。

どうぞ安らぎのひと時をお過ごし下さい。

 

 

 

その2 空気循環システム

空気がこもっているとなんだかすっきりできませんよね?当院では積極的にお灸を行うこともあり、煙たさや空気がこもらないように随所に空気清浄機等を設置しています。

また夏場には除湿器、冬場には加湿器を設置し、少しでも快適な空間になるようにと工夫しております。

 

空気清浄機能付きエアコン 3台    空気清浄機 2台   加湿器 3台  除湿器 1台    ミニ扇風機 4台    換気扇 4台

 

 

 

その3 生花

院内の様々なところに季節のお花や、患者様に頂いたお花を飾っております。

生花にこだわり、毎朝丁寧にお世話をしていますので、皆様も是非一度見てみて下さい。季節の移り変わりを感じることができますよ。

 

 

 

 

その4 アロマ

当院では待合室にて、リラックス効果や気分が明るくなるような香りのオイルをブレンドしたアロマを焚いています。

治療までお待たせしてしまう場合でも香りを楽しんでリラックスして頂ければと思います。